オルニチンの脂肪肝を改善する効果

オルニチンの脂肪肝を改善する効果

オルニチンが豊富なしじみ

健康診断で脂肪肝を指摘された、何とかしたい…。

 

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、なかなか異常があっても気付きにくいものです。そのため、健康診断などでの数値が非常に大切ですが、いざ指摘されてもこれといった自覚症状がなく、つい放置させてしまいがち。

 

でも、脂肪肝は放っておくと肝硬変や肝臓がんなどの命に関わる病気を引き起こす可能性があるため、注意しなければなりません。

 

…と言っても、何をどうすればいいの?そう頭を抱えている人も多いでしょう。そこで、ここでは脂肪肝の予防と改善に役立つとして注目されているオルニチンについてお話していきます。

肝臓に良いオルニチンとは?

肝臓に良い成分といえばオルニチン、最近有名ですね。オルニチンはしじみを代表とした食品に、たくさん含まれている栄養素の1つ。肝臓では、アンモニアなどの有害物質を分解する働きをサポートしてくれます。つまり、オルニチンがある分、肝臓の負担が軽減されるわけですね。

 

このように、オルニチンは体内で日々消費されていく栄養素。日頃からバランスのとれた食事を心がけて、1日に必要な量をしっかり補っていくことが健康への第一歩となります。

 

しかし、近年の日本では忙しい毎日を送っている人が増えていることや、レトルト食品・ファストフードなどの手軽に食べれるものが普及していることから、なかなかバランスのよい食事ができていない人が多いです。特に若い女性の多くが取り組んでいる無理な食事制限によるダイエットなどをすると、体内のオルニチンはたちまちなくなって、肝臓に余計な負担をかけるキッカケとなってしまいます。

オルニチンと脂肪肝の関係について

肝臓に余計な中性脂肪が溜まった状態を、脂肪肝と言います。元々健康な肝臓にも脂肪が含まれているものですが、大体3%〜5%ほど。5%を超えてくると、脂肪肝になります。

 

基本的に肥満体質な人に多いものというイメージが強いと思いますが、痩せている人でも油断は禁物です。実は、アルコールの過剰摂取も脂肪肝に繋がる要因の1つとされています。そのため、痩せていてもアルコールが好きでよく飲んでいるという人は、隠れ脂肪肝になっている可能性があるのです。

 

脂肪肝そのものは特に目立った自覚症状もないため、つい軽く考えてしまいがち。しかし、放置しておくと動脈硬化などの生活習慣病に繋がる恐れがあるだけでなく、肝硬変や肝臓がんなど、取り返しのつかない病気に発展する可能性もあるのです。

 

そこで、最悪な状態に発展するのを防ぐためにも、オルニチンなどの栄養素を積極的に摂取して、肝臓の負担を軽減させることが重要となります。体内に摂取されたオルニチンは、肝臓に運ばれ、肝臓が行っている解毒作用など様々な働きをサポートし、肝臓機能向上を期待できるのです。こうして肝臓の機能が回復することで代謝機能も高まり、肝臓内に蓄積された中性脂肪の分解を促進できるようになります。

オルニチンを効率的に摂取するには…?

オルニチンが最も豊富に含まれているとされる食品は、しじみですね。しじみと言えば、お味噌汁として飲んだりすると大変美味しいもの。

 

美味しく脂肪肝に良い影響をもたらすオルニチンを摂取できるなら、積極的に食べたいものですが、いくら肝臓に良いとしても、毎日食べ続けるのはなかなか厳しいものがありますね。特に、毎日忙しく飛び回っている人にとっては、「食事に気を使ってられない!」というのが本音でしょう。

 

そこで、そんな忙しい毎日を送る人たちから愛用されているのが、オルニチンを含むサプリメントです。サプリメントなら食事でオルニチンを摂取することを考える必要もなく、手軽に1日の必要な量を摂取できますね。しじみが苦手…という人でも安心して摂取できるのも嬉しいところです。

 

1日をより快適なものにするためにも、脂肪肝の予防と改善をしていくためにも、効率よくオルニチンを摂取するのは必要不可欠なこと。オルニチンの他にも健康成分をたっぷり含んだサプリメントもありますから、是非健康な毎日作りに役立ててくださいね。

脂肪肝が気になる方へおすすめ
1位レバリズム-L (初回価格:980円 90粒)

2位協和のオルニチン (お試し:500円 90粒)
協和発酵バイオのオルニチン