脂肪肝の検査方法と数値の見方

脂肪肝の検査方法と数値の見方

肝臓に脂肪がついて、いわゆる「フォアグラ」のような状態になってしまう恐ろしい脂肪肝。必ずしも太っている人だけがなるわけではなく、痩せていてもアルコールが好きな人は、知らない間に脂肪肝になっていることもあるので、注意が必要です。

 

では、脂肪肝の検査方法はどのように行われるのでしょうか?
ここでは、診断方法や数値の見方などを紹介していきたいと思います。

脂肪肝の主な検査方法とは?

脂肪肝を検査するための方法は3つ存在します。
それぞれ、血液検査、画像診断、肝生検です。
では、これらの検査方法について、具体的にご紹介していきましょう。

画像診断

人間ドックなどで行われている検査方法ですね。
腹部超音波検査を行うことで、肝臓の状態を調べます。

 

この検査は、体の外から調べたい部分に超音波を当てて、
中の様子をモニターで確認できるという画期的なものです。
仮に肝臓を腹部超音波検査で調べた場合、脂肪肝になっていると、
脂肪が蓄積している部分がモニターに白く映るのですぐに分かります。

 

血液検査

血液を調べて、数値の結果から肝臓に異常があるかどうかを判断するという検査方法です。
血液検査で肝臓を調べる場合に、注目すべき数値は「ALT」と「AST」です。
これらは普段、肝細胞に存在しており、そこで代謝活動などをサポートしています。

 

しかし、肝臓が何らかのダメージを受けて肝細胞が傷つくと、
これらは血液中に流れてしまうのです。

 

つまり、血液中にこれらの酵素がどれだけ存在するかによって、
肝臓が受けているダメージを知ることができます。
この仕組みから、脂肪肝などを判断するわけです。

 

肝生検

画像診断よりも正確に、肝臓の状態を把握できる診断方法です。
やり方は肝臓から採取した組織の欠片を顕微鏡で見て、肝臓の状態を判断するというもの。

 

肝細胞を直接観察できるので、画像診断や血液検査に比べて正確性が高いですが、
肝細胞を採取するために肝臓に針をさす必要があるため、簡単にできる検査とはいえません。

 

血液検査での数値の見方について

検査結果を見る女性

血液検査で肝臓の状態を判断する場合、出た結果に記載されている数値が重要となります。血液検査は一般的な健康診断で行われるものです。そのため、血液検査での数値の見方を把握しておけば、自分の肝臓の状態を判断することができます。

 

それでは、血液検査での数値の見方についておおまかにお話していきましょう。

 

まず、前述した通りで血液検査の結果で肝臓と深く関係有るのはALTとASTです。元々肝細胞にある酵素であるため、肝細胞がダメージを負っていると、血液中に流れ出してしまい、血液に含まれる数が多くなります。

 

つまり、肝臓に何かしらの異常がある場合は、ASTとALT両方の数値が上昇することになるのです。

 

基本的に双方の数値の正常値は以下のとおりです。

 

・AST…40IU/L以下
・ALT…40IU/L以下

 

仮にALTよりもASTの方が数値が高い場合、肝硬変や肝臓がん、
アルコール性肝炎などの可能性が高くなると言われています。
反対に、ASTよりもALTの方が高くなっている場合は慢性肝炎や脂肪肝の可能性が高くなります。

 

もしも血液検査でASTとALTの数値が高かったり、どちらかが高かったりする場合は、気を付けましょう。

 

このように、肝臓の状態は普段の健康診断で行われている血液検査でも確認することができます。
数値の見方をマスターして、脂肪肝や肝硬変などになる前に肝臓を労ることができるように努めていきましょう。


脂肪肝が気になる方へおすすめ
1位レバリズム-L (初回価格:980円 90粒)

2位協和発酵バイオのオルニチン (お試し価格:500円 90粒)
協和発酵バイオのオルニチン