脂肪肝の改善に効果的な漢方薬は

脂肪肝の改善に効果的な漢方薬は

漢方薬について説明する医師

放置しておけば恐ろしい肝臓疾患に繋がる可能性もある、脂肪肝。もしかしたら脂肪肝かも…と、疑いのある人はもちろんのこと、肥満気味な人やお酒が好きな人は予防を考えたいところでしょう。

 

といっても、西洋薬で改善するのは体への影響も考えるとあまり考えたくないですよね。できるだけ体に負担がかからず、健康な方法で予防や改善をしていきたいと思う人は多いでしょう。

 

そこで、体に負担をかけないとして近年注目されているのが、漢方薬です。それでは、脂肪肝の予防と改善に役立つ漢方薬をご紹介していきましょう。

 

脂肪肝の予防と改善にオススメな漢方薬5選

脂肪肝に良いとされる漢方薬は5つあり、服用者の悩み別に適したものが異なります。ここでは、それぞれの漢方薬についてざっくりと説明していきましょう。

 

肥満体質な人向けの防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

お腹周りに脂肪が蓄積している、代謝が低下して痩せにくい…などの悩みを抱えている人におすすめなのが、この漢方薬です。脂肪燃焼効果が期待できる他、次のような悩みを持つ人にオススメできます。

 

  • ぽっこりお腹に悩んでいる
  • 便秘がち
  • 食べすぎてしまうことが多い

 

このような人を対象にオススメできるものなので、痩せ型の人には向きません。また、虚弱体質な人や下痢をしやすい人、発汗傾向がある人、妊娠中の人にはオススメできないので、気を付けましょう。

 

皮下脂肪が多い人向けの桃核承気湯(とうかくじようきとう)

脂肪を減少させるサポートをしてくれる漢方薬です。比較的体力があり、皮下脂肪に悩んでいる人向けと言えます。

 

また、桃核承気湯は血液の循環を改善させる効果を期待できるものなので、便秘の予防と改善にも繋がるでしょう。更に、血流の改善によってのぼせやうっ血などにも良い影響を与えてくれます。女性の場合、生理不順や生理痛などにも良い効果を期待できる漢方薬です。

 

ただし、桃核承気湯は子宮を収縮させる作用があるものなので、妊娠中の人は自己判断で服用しないようにしましょう。服用したい場合は、必ず医師に相談してからにしてください。

 

肝臓が疲れている人向けの大柴胡湯(だいさいことう)

アルコールをよく飲んでいたりして肝機能の低下が気になる人は、肝機能障害にも良い効果を期待できる大柴胡湯がオススメです。

 

しっかりとした体力があり、よく食べる人や便秘がちな人向けの漢方薬となっています。内臓脂肪の排泄を促進することで脂肪肝の予防と改善をサポートし、脂肪がたまりやすくなっている体質を改善に導いてくれるでしょう。

 

むくみにも悩んでいる人向けの防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

こちらはむくみやすい人、水太りしやすい人を中心にオススメの漢方薬です。

 

水分代謝を良くしてくれる効果を期待できるので、むくみの改善と予防に繋がります。また、胃腸の働きを助けてくれる他、月経不順や腎炎、関節炎にも効果を期待できるでしょう。

 

副作用として食欲不振や吐き気などが出る場合もある他、肝機能の低下を起こす場合もあるため注意が必要です。元々肝機能低下が気になっている場合は、必ず医師と相談の上で服用しましょう。

 

虚弱体質な人向けの小柴胡湯(しょうさいことう)

風邪を引きやすく、こじらせやすい、または胃腸が弱いなどあまり体力がなく、虚弱な人におすすめなのが、この漢方薬です。脂肪肝の予防と改善に働きかけてくれながら、次のような効果も期待できます。

 

  • 風邪の後期症状改善
  • 胃腸の不調改善
  • 呼吸器の不調改善
  • 慢性肝炎によって起こる肝機能障害の改善

 

 

さて、脂肪肝の改善に効果を期待できる漢方薬をご紹介してきました。

 

漢方薬は西洋薬に比べて即効性はないものの、薬草などを使っているため、体へ負担をかけにくいのが特徴。長く続けていくことで体の中から働きかけ、体質の改善を期待できます。

 

脂肪肝を改善したい方はぜひ漢方薬の使用を検討してみてください。

脂肪肝が気になる方へおすすめ
1位レバリズム-L (初回価格:980円 90粒)

2位協和発酵バイオのオルニチン (お試し価格:500円 90粒)
協和発酵バイオのオルニチン