脂肪肝にコーヒーが効果的

脂肪肝の改善・予防にコーヒーが効果的という説もある

コーヒー

肝臓に中性脂肪が3割以上溜まってしまうと、脂肪肝となります。脂肪肝になると、肝機能が低下するだけでなく、放置することで肝硬変などの危険性が高まったり、高血圧や糖尿病など生活習慣病のリスクも高まります。

 

そんな脂肪肝になってしまう人が、近年では増えていると言われているのをご存知でしょうか?「自分はそんなことないだろう…」と思っていても、肝臓は沈黙の臓器。知らない間になっていることは決して珍しいことではありません。

 

しかし、最近ではこの脂肪肝をコーヒーで予防できるという話が広まっています。
それでは、脂肪肝とコーヒーの意外な関係について、この記事でご紹介していきましょう。

脂肪肝は自覚症状がほとんどない!

脂肪肝は特に分かりやすい自覚症状がありません。
そのため、自分は大丈夫だと思っていても、実は脂肪肝だった…ということも少なくないのです。

 

「特に脂肪肝=太っている人だけがなるもの」と認識している人は多いでしょう。
でも、これは間違いです。

 

脂肪肝にはアルコール性のものと非アルコール性のものがあります。
つまり、痩せ型の人でもアルコールの摂取量が多いと、脂肪肝になってしまう可能性が高くなるのです。

 

脂肪肝を予防する飲み物、コーヒー

コーヒー2

コーヒーには、カフェインや抗酸化物質クロロゲン酸が含まれています。これらの物質は、脂肪細胞を抑制する働きを持っているので、肝臓に脂肪が蓄積しすぎてしまうのを防ぐことができるというのです。

 

また、その他にも肝臓の働きをサポートしてくれる効果も期待できます。つまり、食後にコーヒーを飲むことによって、肝臓への負担を軽減することができるのです。

 

実際、成人した人を対象にアルコールを飲む人と飲まない人、太っている人と痩せている人、
コーヒーをたくさん飲む人、少し飲む人、飲まない人でアンケートをとって、
それぞれの肝機能を調べるという調査が行われています。

 

その結果、体質やアルコール摂取の有無に関わらず、
コーヒーを飲んでいる人のほうが飲んでいない人に比べて肝機能が高いことがわかったのです。

 

また、アメリカでもコーヒーを飲むことで肝機能障害を改善できるといわれている他、
イタリアでもコーヒーで肝硬変が予防できると言われているようです。
いかにコーヒーが肝臓と深い関わりがあるのかがよく分かりますね。

 

<参考>
※国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究グループ
コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について

 

適量は毎日2杯〜3杯程度

いくら肝臓に良い影響を与えてくれるコーヒーも、ガバガバ飲めばいいというわけではありません。
おすすめは1日あたり2杯から3杯程度。これを目安にして毎日飲む習慣をつけていきましょう。

 

空腹時にコーヒーを飲むと、胃に負担をかけてしまう可能性があります。
そのため、できれば食後など、胃の中にものが入っている状態で飲むようにするとよいでしょう。

 

また、脂肪肝の改善のために飲む場合は、
脂質を出来るだけカットするためにミルクと砂糖抜きのブラックコーヒーがオススメです。
ブラックが苦手な人は極力ミルクと砂糖を使う量を控えめにするよう心がけましょう。

 

勿論、缶やパックのコーヒーは糖分やミルクが多いですし、
添加物も多く含まれているので、おすすめできません。

 

出来るだけ自分で淹れたものや、缶コーヒーにする場合でも、
ブラックコーヒーを選んで自分で砂糖とミルクの量を調節するようにしてみてください。

 

このように、コーヒーは脂肪肝を防ぐために効果的であることが近年分かっています。
コーヒーを毎日飲むだけなら誰でも手軽に取り組める脂肪肝予防策ですね。
早速今日からコーヒーを飲む習慣をつけて、脂肪肝の予防に努めてみてはいかがでしょうか?


脂肪肝が気になる方へおすすめ
1位レバリズム-L (初回価格:980円 90粒)

2位協和のオルニチン (お試し:500円 90粒)
協和発酵バイオのオルニチン