NASH(非アルコール性脂肪肝炎)

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)とは

非アルコール性脂肪肝の中でも、
特に肝硬変や肝がんに発展する恐れがあると言われているNASH(非アルコール性脂肪肝炎)。
アルコールなしでも発症してしまう脂肪肝なので、アルコールと縁がない人でも注意が必要です。

 

近年では食の欧米化もあってカロリーの高い食事をとる人が増えており、
加えて運動不足な現代人が多くなっていることから、
知らないうちにNASH(非アルコール性脂肪肝炎)を発症してしまう日本人は増えていると言われています。

 

それでは、NASHについて、この記事で詳しく説明していきましょう。

そもそも飲酒してないのに脂肪肝になるのは何故?

不摂生をイメージする女性

NASHの主な原因はカロリーが高い食事の摂り過ぎと言われています。人が摂取した脂肪は、通常肝臓でエネルギーとして使われていくのですが、あまりにもカロリーが高い食事ばかりをしていると、消費しきれないままの脂肪がどんどん肝臓にたまってしまうことになるのです。その結果、脂肪肝を発症してしまうわけですね。

 

こうして肝臓に脂肪がたまると、肝臓はなんとかその脂肪を燃やし尽くそうとします。そうすると脂肪が不完全燃焼を起こすことで、今度は活性酸素という有害物質を発生させてしまうのです。この活性酸素が肝細胞を攻撃してしまうことになり、
肝細胞が炎症を起こしてしまうことになってしまいます。

 

こうして慢性肝炎となると、脂肪肝の初期段階であるNAFLD(非アルコール性脂肪肝疾患)になります。
そして、この状態のまま放置していると肝細胞は線維化していき、
NASH(非アルコール性脂肪肝炎)となり、最終的に肝硬変や肝がんとなってしまうのです。

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)から肝硬変や肝がんになるのはどうして?

肝臓が有害物質の解毒や、栄養素の分解などを行う際に必要不可欠なのがミトコンドリアです。
基本的にミトコンドリアは糖からエネルギーを作って活躍しています。

 

しかし、脂肪肝になるとミトコンドリアは糖からではなく、
脂肪からエネルギーを作らなければならなくなります。
脂肪を源にエネルギーを作っていると、
ミトコンドリアはどんどん肥大化していき、やがて機能を失ってしまうのです。

 

こうして肥大化して機能を失ったミトコンドリアは、最終的に死んでしまいます。
すると、そのミトコンドリアが活躍していた部分の細胞も一緒に死んでしまうのです。

 

肝細胞が死んだら、その跡地を埋めなければなりません。
この時、星細胞というものが現れてコラーゲンを跡地に吐き出すことによって埋めようとします。

 

こうして吐出されたコラーゲンは固くガチガチになっていくので、
肝臓はどんどん線維化していきます。この状態が肝硬変というわけなのです。
そして肝硬変になると、肝臓の機能はほとんど失われ、
やがて肝がんを発症してしまうことになってしまいます。

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)を予防するために…

運動する女性

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)は基本的にこれといった自覚症状がないため、知らないうちにどんどん悪い方向へと進行してしまうことが多いです。そのため、予防するためには日頃から積極的に食生活を見直したり、適度な運動に取り組むことが重要となります。

 

まず、食事はカロリーが低く、バランスのとれたものを心がけましょう。カロリーが高い食事や脂っこい食事ばかりでは、どんどん脂肪肝が進行してしまいます。

 

また、脂肪肝の疑いがある場合は鉄分も控えめにしてください。
肝機能が低下した人の肝臓は、鉄分を過剰に貯めこんでしまう傾向があります。
鉄分が肝臓に溜まり過ぎると、活性酸素を発生させてしまうため、
余計に肝細胞を傷つけてしまうことになるのです。気を付けましょう。

 

次に運動ですが、決して強い運動は必要ありません。
少しでもいいので、体を動かす習慣を身に付けましょう。

 

例えば、軽いウォーキングや、自宅でできる踏み台昇降、
腹式呼吸などは有酸素運動の中でも取り組みやすいのでオススメです。

 

最初は短い時間で構いません。
慣れてきたら少しずつ時間を長くしていくようにして、毎日続ける習慣をつけましょう。

 

最後に睡眠時間も大切です。
基本的に人間の脳は糖から作られたエネルギーを好みます。
そのため、人が起きている時、肝臓は糖からエネルギーを生成して脳に送っているのです。

 

一方、心臓は脂肪から作られたエネルギーを好むとされています。
つまり、肝臓は人間が起きている時は糖からエネルギーを生成するようにして、
寝ている時は脂肪からエネルギーを生成するようにしているのです。

 

そのため、夜更かしをしていて寝ている時間が少ないと、
その分脂肪が燃焼されないため、肝臓に脂肪がたまりやすくなってしまいます。
できる限り夜更かしは控えて、早めに寝るように心がけていきましょう。

脂肪肝が気になる方へおすすめ
1位レバリズム-L (初回価格:980円 90粒)

2位協和のオルニチン (お試し:500円 90粒)
協和発酵バイオのオルニチン