NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)とは

脂肪肝というとアルコールが原因であるものが有名ですが、アルコールを飲んでいない人でもなってしまうことがあります。それが、非アルコール性脂肪肝疾患「NAFRD」です。(ナッフルディーとも呼ばれています)

 

アルコールを全く飲んでいない人でも、日頃の食事や生活習慣などで、
NAFRDになってしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

ここでは、NAFRD(非アルコール性脂肪肝疾患)について、
詳しくお話していきたいと思います。

NAFRD(非アルコール性脂肪肝疾患)とは?

その名前の通り、アルコールが原因ではない脂肪肝を言います。
主にメタボが原因となって起こる脂肪肝で、90%以上が高血圧や脂質異常症、
2型糖尿病などの生活習慣病を合併しているといわれています。

 

また、NAFRDになっている人の80%〜90%は線維化や炎症を伴っていないため、
単純性脂肪肝と呼ばれることもあるようです。

NAFRD(非アルコール性脂肪肝疾患)の特徴は?

NAFRDになってしまう人の特徴は、次の通りです。

 

・飲酒歴が明らかにない、または極端に少ない(1日あたりのアルコール摂取量が20グラム以下である)。
・ウィルス性などの慢性的な肝疾患が起こっていない。
・メタボリックシンドロームや糖尿病、肥満、高脂血症、高血圧など生活習慣病を併発していることがある。

 

このような特徴を保つ場合は、NAFRD(非アルコール性脂肪肝疾患)の可能性がありますので、
早めに病院で適切な処置を受けるようにしましょう。

 

NAFRD(非アルコール性脂肪肝疾患)の治療はどうするの?

NAFRD(非アルコール性脂肪肝疾患)になっている場合、
肝硬変などに発展するリスクが高いNASH(非アルコール性脂肪肝炎)である可能性も考えられます。
そのため、まずは単純性脂肪肝なのか、NASHなのかを判断するところから始まります。

 

診断結果から単純性脂肪肝であるとわかった場合、
日常生活の指導をしながらNASHに発展してしまわないように経過を観察していくことになります。

 

特に、NAFRDなどの場合は様々な生活習慣病を合併していることも多いので、
そうした病気がある場合はそちらの病気を改善することを優先に治療を行っていきます。
ちなみに、単純性脂肪肝の場合は基本的に薬物療法は必要ありません。

 

診断結果からNASH(非アルコール性脂肪肝炎)と判断した場合は、
食生活の改善や運動不足の解消などをすることに加えて、必要に応じて薬物療法も行っていきます。

 

こちらの場合は、単純性脂肪肝に比べて肝硬変や肝がんなど、
リスクの高い肝臓病に発展する可能性が高いため、
早めに薬物療法を取り入れて改善していくことが必要不可欠です。

 

 

NAFRD(非アルコール性脂肪肝疾患)について、具体的にご紹介してきましたがいかがでしたか?
脂肪肝は基本的に自覚症状がないものなので、発見するのが遅れてしまうことも少なくありません。
特にNAFRDの中でも、単純性脂肪肝の場合は、自覚症状で気付ける可能性は非常に低いでしょう。

 

早めに脂肪肝を発見して適切な対処を行っていくためにも、
健康診断などで血液検査の結果などはしっかりチェックするようにしましょう。
少しでも数値に異常があったりする場合は、
積極的に生活習慣の改善などを行っていくようにすることがオススメですよ。


脂肪肝が気になる方へおすすめ
1位レバリズム-L (初回価格:980円 90粒)

2位協和発酵バイオのオルニチン (お試し価格:500円 90粒)
協和発酵バイオのオルニチン